スピーカーの調子が悪い?そのiPhone、修理に出しましょう!

修理に出す前にできること

iPhoneは精密機器であり、大切に扱っていても小さなことで動作が悪くなってしまったり、動かなくなってしまうことがあります。
現代では生活の一部となっているiPhoneですがデータとして個人の生活のほとんどの情報を管理していると思います。画面が割れてしまった、程度の故障ならばまだデータは取り出すことができますが、水没などによって内臓のHDがだめになってしまっては生活に支障が出てしまうこともあります。
そういった事態を防ぐためにも普段からこまめにデータのバックアップを取っておくことが大切です。最悪の状況というのはいつ起こるかわからないもので常に最悪の状況というものを想定して保険を掛けておくという意味でも修理とは最終手段であると心がけておきましょう。

iPhoneユーザーとして

iPhoneとAndroidが最近ではスマートフォンとして普及していますがandroidとは違い、iPhoneは携帯ショップでの修理ができなく、専門のアップルの店舗へと持っていくか郵送での手続きとなってしまいます。アップルの店舗はまだまだ少なく、修理にも時間がかかってしまうことがほとんどなので修理した経験のある方ほどあまり修理へもっていくことは最終手段となっているでしょう。
さらに、その修理費用もandroidに比べて、高くなっており、applecareという保証サービスにはいっていても画面の修理などには一万円超かかってしまうので気軽に修理に出せないということもあります。
身近ゆえにおろそかにしがちですが修理サービスとはあくまで保険としてあるものなので大切に扱うことが重要です。

iphone5sの修理は、Apple Storeや、アップル正規プロバイダーに持ち込みます。キャリアによっては、保証サービスで修理代を補填してくれる場合もあります。