万が一の保険!iPhoneに防水加工を施す方法!

iPhoneは防水ではないことをご存知でしたか?

日本人は特にお財布ケータイ、ワンセグ、完全防水という機能を重視する傾向にあると言います(ガラパゴス機能とも呼ばれています)。
最新型のiPhoneには耐水性能がありますが完全防水ではなく、シャワーの使用や水に長時間落とした場合には故障してしまうおそれがあります。
保証に入っている場合でも修理・交換に数千円ほどの代金が必要になってくる場合もありますし、もし保証に入っていない場合は、数万円かかってしまうこともありえます。
そこで、もともと防水ではないiPhoneに防水加工をほどこす方法をご紹介いたします。お風呂に入りながらiPhoneで動画を観たり、海や川などの水辺で、家族や恋人と遊んだ思い出を写真に収めるときにも重宝するのでおすすめです!

具体的な防水加工方法

もっとも手軽な方法としては、数百円程度で入手できるスマホ専用の防水カバーを使用することです。このカバーに入れながら画面を操作することができ、気軽に水の近くで写真撮影や動画を観ることができます。注意点としては、iPhoneには指紋認証機能がありますが、このカバーをしていると認識されないという点です。もちろんそれ以外の方法で開くことはできるので、一時的であればこの方法はおすすめです。
普段から水没の危険が多い場合は、防水加工を扱っている店舗に依頼するのもひとつの手です。
この場合、数千円ほどかかることが多いですが、ウェブ上から依頼すると輸送で対応してもらえます。手元になくなるのは困るという場合は、持ち込みで当日対応を可能にしている店舗もあります。
急な雨や風呂場での使用のときに、ヒヤリとした方も多いはずです。そんなとき、少しでも気にせず使用できるよう、防水加工を考えてみてはいかがでしょうか。

iphone6sの修理画面の修理には大体13000円、バッテリーの交換には9000円程あれば修理をすることができます。