水没しても諦める必要はありません!iPhoneの修理について

水没させても完全に壊れるとは限らない

友達からのメッセージが気になるといった理由で、四六時中、iPhoneなどのスマートフォンを手放せない人は珍しくありません。しかし、そういったユーザーほど、スマートフォンを水没させてしまう危険性が高くなります。よくあるのが、トイレで用を足しながら画面を見ていたら便器の中に落としてしまった、あるいはお風呂に入りながらスマートフォンを使っていたらお湯の中に落としてしまったというケースです。
スマートフォンのような精密機械は、水の中に落としてしまったら完全に壊れてしまうというイメージが強いですが、実際はそんなことはありません。たとえば、電源が入っていない状態で水没させてしまった場合は、中に入った水が完全に乾いた時点で電源を入れれば問題なく起動することも珍しくないのです。

自分で修理を試みるのは避けよう

ただ、スマートフォンのユーザーがスマホを水没させるケースのほとんどは利用中の落下なので、基板がショートしてしまう可能性も少なくありません。その場合はどうすればいいのでしょうか。
まず、復旧を諦める必要はまったくありません。専門の修理業者に送ることで、元の状態に戻してもらえる可能性は十分あります。なので、自己判断で捨てたり、あるいはやけくそになって自分で修理を試みるのは避けましょう。iPhoneを始めとするスマートフォンは、細かな部品がぎっしりと詰められており、素人が分解したら元に戻すのはかなり難しいです。
水没させたあとにできるのは、まずは表面を乾いたタオルで拭くことです。そのあと、修理業者に送るといいでしょう。

iPhoneを画面が割れたまま使っている人をよく見かけます。iPhoneの画面割れは保護フィルムをあらかじめ貼っておくとかなりの確率で防ぐことができます。品質の良い保護フィルムを貼るべきでしょう。